挑戦を文化にする

MENU

世界最大のECサービスは「シンプルさ」と「ニッチさ」が肝だった?|Amazon(アマゾン)

時価総額が1兆ドルにも迫る、ECの雄「Amazon(アマゾン)」。
小売りの領域における圧倒的な強さから、アマゾンの業務拡大によって業績悪化が見込まれる米企業で構成された銘柄指数は、「デス・バイ・アマゾン」とも呼ばれる。

しかし、そんなアマゾンも起業当初は「ビジネスとして成り立たない」と言われていた。
そこからいかにして、アマゾン帝国を築くまで大きくなったのか。その方法に迫るー。