【図解】スペースマーケットの事例に学ぶ。シェアリングエコノミーのサービス立ち上げ方法とは?

あけましておめでとうございます。いとけんです。
本年もどうぞよろしくお願いします。

今回の0→1ファン作りは、「スペースマーケット編」です。スペースマーケットは、あらゆるスペースを1時間単位で貸し借りできるWebサービスです。
(参考:「0→1ファン作り」:スタートアップ初期における、仮説検証/ 初期ユーザー獲得方法の特集を始めます。

執筆にあたり、株式会社スペースマーケットCTO鈴木さんに取材させていただきました。

今では「シェアリングエコノミー」という言葉は認知されてきていますが、創業された2014年当時はまだまだその概念は理解されてなかったそうです。取材では、新しい市場を作っていく上での具体的な苦労やノウハウを伺うことが出来ました。

以下カテゴリ別にご紹介します!

▼もくじ(記事読了目安:3分)

 









(過去の0→1記事一覧はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

Launcheers共同代表、01ファン作り責任者。 ①小学生の時に、父が脱サラして起業したこと ②シリコンバレーでの起業家精神に魅了されたことがきっかけで「起業家」に興味を持つ。 普段は名刺アプリ「Eight」のビジネスディベロップメントを担当