Techstars2018デモデーで登場した”破壊的な”スタートアップ10選

こんにちは、町田です。
Y-combinatorと続いてアメリカのトップアクセラレーターに数えられる”Tech stars”。
(参考:「アメリカトップアクセラレーターのテックスターズの全貌」)

今回はその2018年ボストンバッチに登場したスタートアップ10社を紹介します。
今年最も”disruptive”な変化をもたらすスタートアップ25選(前編)」「今年最も”disruptive”な変化をもたらすスタートアップ25選(後編)」で紹介したような既存の事業をdisruptしていくような企業が紹介されています。

ぜひこれから世界を変える可能性を秘めた企業の数々をお楽しみいただければと思います。

登壇企業紹介

Acquisitionly:一番効果的な広告を作るのに必要な事は”ただ座って待つ”こと
ターゲットと伝えたい価値感を決める。広告が自動的に作成されすぐ投稿できるサービス。デザインも含めて最適だと思われる広告が自動で作られる手軽さは魅力。更に、投稿した後もリアルタイムレポートと自動的な改善箇所の修正まで行われる。変更に対してユーザーがフィードバックを行うことで、ユーザーの好みが反映されていくのも面白い。実際に導入すると、3か月マイナーチェンジを行ない、3か月後にそれまでの検証結果を踏まえてメジャーチェンジした新たな広告が作られるというサイクルでサービスが提供される。広告の作成、仮説検証にはd独自のアルゴリズムを搭載したAIを使用している。
リンク:http://www.acquisitionly.com/

Brio:簡単にできるパーソナライズされた健康維持サービス
健康維持に必要なパーソナライズされた専門家が作った月次計画を手軽に得ることができるサービス。日々のライフスタイルを正確に反映するユーザーのグルコース量を、Brioが提供する小型採血用デバイスを用いて専門家に提供する。それを元に専門家は改善&維持する為の個別計画を立てる。ユーザーはそれをウェブサイトやアプリを使って確認できる。独自のデバイスを持っているのは、1つの強み。
リンク:http://brio-systems.com/

Fincura:投資家の無駄な時間を無くす
世界の財務データを集めてきて、それを元にローンデータを自動的にまとめたり、分析したりするサービスを提供。具体的には、自動的にスプレッドシートを作成、財務分析がしやすいインターフェイス、ポートフォリオデータのまとめの作成といった、投資家にとって本業ではなく手がかかるが必要な部分をカバーしている。まさに、手間がかかるからやりたくない部分を代替えすることでディスラプトする典型的なスタイル。
リンク:https://www.fincuratech.com/

Kapsul:新しい”カタチ”の小型エアコン
デザイン性に優れた、窓に直接設置するタイプのエアコンを提供。Wifi接続することで、Google AssistantやAlexaといったサービスを使って音声やスマホからの操作も可能。

リンク:https://www.kapsulair.com/

Meenta:次世代シーケンサーのシェアリングサービス
購入や操作、維持に莫大なコストがかかる次世代シーケンサー(遺伝子の塩基配列を読み取ることの出来る装置。病気の分析や創薬などに利用できる)をシェアするサービスを展開。実験装置版のairbnbのようなイメージ。研究をする上で大きな問題となってくるコストの問題をシェアリングエコノミーと合わせることで解決している。日本でも似たような研究装置のシェアサービスで「Co-LABO MAKER」がある。
リンク:http://meenta.io/

OpenFrame:物件の内覧用ビデオ作成サービス
不動産業者が簡単に物件内覧用のビデオを作成できるサービスを提供。OpenFrameカメラというスマホにつけるだけで360°の画像を簡単に撮影できるデバイスとそれを簡単に編集できるアプリを使って、低コストで内覧用のビデオを作成できる。
リンク:https://getopenframe.com/

Openly Insurance:60秒で申し込める住宅保険サービス
住宅保険と共に、保険の代理店の効率を高めるプラットフォームを提供している。60秒以内に契約条件や見積もりを示して、顧客はそれを購入できる従来の保険に比べ利便性に優れた商品を提供している。一方代理店に対しても、販売時に統計モデルを用いた営業アドバイスを与えたり、煩雑な手続きが必要なく代理店営業を行なえるプラットフォームを提供している。
リンク:https://openlyinsured.com/

Securicy:企業に合わせたサイバーセキュリティを安く&素早く実装できるサービス
近年増加しているサイバー攻撃といった問題に企業が対処するための、組織ごとに最適化されたセキュリティプログラムを構築、実装、保守を行う。手軽な値段かつ迅速に、企業の事業内容や規模にカスタマイズし実装できることが強み。中小企業をターゲットにしている。
リンク:http://securicy.com/

Sophia:セラピスト×患者のマッチングプラットフォーム
相談したいことといった、単な情報を入力(およそ5分で可能)するだけで、最適なセラピスト(心理学者、社会福祉士、精神保健カウンセラー)とマッチできるサービス。自分の性格だけでなく、セラピストの人種や性別、宗教、治療法、値段などの条件でも絞り込むことができる。UIがとてもシンプルな事と実際にアポイントメントを取るところまでをサービス上でできることが、使う側としても負担が少なくてよい。今後は支払い方法や継続的なスケジューリングなどの機能を追加していく予定とのこと。
リンク:http://trysophia.com/

SparkCharge:車のトランクに入る電気自動車用充電ステーション
電気自動車の欠点として、後続距離が短いということがある(現在最長はテスラモデルSの約680km)。しかし、まだまだ充電ステーションはそこまで広まっていないため、燃料切れという心配を抱えることが多い。その問題に対して、車のトランクに積むことができるポータブル充電器を提供することで解決しようとしている。10マイル(約16キロ)分充電できる電池を1ユニットとして、ユーザーが必要な量ユニットを増やすことで汎用性を与えている。充電のスピードは1マイル分充電するのに60秒しかかからない。(今のステーションでは約160km分充電するのに急速充電ステーションでは30分、普通充電では7時間かかる)
リンク:https://sparkcharge.io/

終わりに

日本でもアクセラレータープログラムが募集されているので、ぜひご検討下さい。
大企業とのコラボやテストマーケティングという点で考えると、メリットは多くあると思います!
参考:アクセラレータープログラム一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です