【日本初上陸!】Lmarks x BMWイノベーションラボ2018を徹底分析

こんにちは、町田です。
今回は英国で多くのアクセラレータープログラムを行っているLmarksが主催している「BMWイノベーションラボ2018」が日本初上陸したという事で、その内容を徹底分析しました!

かなり幅広いテーマで募集されており、注目のアクセラレータープログラムの1つです。

Lmarks x BMWイノベーションラボ2018

主催:

LMarksビー・エム・ダブリュー(BMW)・ジャパン・ファイナンス株式会社

期間:

10週間
採択された企業は、東京のBMW・JAPANの本社にてプログラムを受けることが出来ます。

募集テーマ:

BMWイノベーション・ラボ2018募集領域は主に3つあります。
但し、基本的に特定の分野についてに応募ではなく、幅広い視点で”シナジーが考えられる企業”は全て対象となります。

①商品やサービスを通じて、「楽しい!」を届ける
ディーラー・顧客の情報を様々な形で分析出来るツールやソリューションを募集しています。

ゴール:BMW・ジャパン・ファイナンスのサービスを通して、”楽しいを”顧客とディーラーに更に届ける

②プロセスを効率化し、迅速な顧客対応へ
特定の社内業務の自動化を行い、業務プロセスの効率化を図るためのツールを募集しています。

ゴール:より迅速で高品質なサービスをお客様とディーラーに提供する

③リスクを正しく評価し、信頼性の強化へ
社内及び社外からのデータを分析し、将来の”リスク”を効果的に評価できるツールを募集している。

ゴール:自社に対するリスクマネジメントの効率化、最適化

参考:BMW・ジャパン・ファイナンスについて

提供されるリソース:

基本方針として採択されたスタートアップ毎に適切な提供可能なソリューションを可能な限り全てが提供されます。
具体例)
①BMWのプロダクトを利用した製品のテストマーケティングの機会
自動車を含め、BMWが持っているプロダクトを用いて仮説検証を行うことが出来ます。

②BMW・ジャパン・ファイナンス株式会社のエグゼクティブからのメンタリング

③BMW株式会社の各分野の専門家からのメンタリング

※BMWスタッフはスタートアップ専属の人的リソースとして提供されるわけではありません。

応募締切:

応募締め切り:2018年4月6日(金)

応募条件:

① カテゴリーの1つまたは複数において貢献できる
②”コンセプトステージ”から”シリーズA”まで募集。すでに市場展開している企業でも応募可能。
③グローバル展開を考えているスタートアップ

その他

①ラボはBMW本社にある展示スペースの一角に設置されます。
オフィスというよりもラボの参加メンバーが利用しやすいようなテーブルや椅子、カフェが併設されたカジュアルな作業スペースが提供されます。

②プログラムの成果によって、終了時に出資支援
※投資支援は必ず受ける必要がある訳ではなく、必要としない場合でもラボに参加可能。

③参加する際に日本語での参加が可能です。
※プログラム内では日本語、英語双方を用います。

これまでの実績

参加5社のうち4社がBMWと商業的提携を結ぶことに成功
2016年度にUKで行われた同様のBMWプログラムでは採択企業の多くが提携に至りました。

タイムスケジュール

応募締切:
4月6日23時59分

〆切厳守

ピッチ・デイ:
5月17‐18日

事前審査で選ばれた企業が、BMW・ジャパン・ファイナンスの審査員にピッチします。その内容より、プログラムへの参加が決まります。

PJ開始日:
6月18日

10週間のプログラムが開始され、BMW・ジャパン・ファイナンスからの支援を受けながら開発を進めます。外部の専門家からの指導も受けられます。

発表日:
9月7日

10週間の成果と、それがビー・ム・ダブリュー・ジャパン・ファイナンスの実際の業務上に適応可能かについて発表していただきます。

採択数

5-6社程度

応募ページ

応募する