アクセラレータープログラムが淘汰される時代が来るかもと思った件

(参考:「「顔が見える」から信頼NTT西の起業家との協業 」)

町田です。
今回注目したのは、最近増えている大企業のアクセラレータープログラムの現状について書かれた記事です。

アクセラレータープログラムとは?
アクセラレータープログラムとは、起業家に対して事業会社やVC(ベンチャーキャピタル)が事業支援等を行うことを指します。
参考:アクセラレーションプログラムってなんなの?

大企業が直面する課題

(本文より)
・資金支援を行っても、協業までこぎつけないことがある
・理由は2つで、1つ目は大企業の意思決定の過程が複雑で遅いこと
・もう1つ目は、社内でプログラム担当部署が孤立して、他部署と連携が取りにくいこと
・そこで2つの対策をNTTでは行った。1つ目は、極力”見える化”をすること
・2つ目は、社員を実際にスタートアップに出向させ、目線をそろえさせた

去年一年間で、大企業が開催したアクセラレータープログラムは50個を超えています。
しかし、その多くは初めて実施するというパターンが多く、大企業側もスタートアップ側もまだまだ課題を抱えている印象です。
特にその課題として、この記事にも書かれている”スピード感”と”連携しにくさ”という2点は、多くの企業で抱えている問題ではないでしょうか。

特に多くの部署に分けることで、徹底的な効率化を図っている大企業にとって横ぐしで話をするということは、スタートアップとの協業という文脈に限らず課題となっていると思います。

そんな状況の中、その課題に大してNTTのように独自に対策し始めた企業が出てきました。
この記事に書かれている以外のアプローチでも、アクセラレータープログラムの課題への対策に力を入れ始めた企業が増えている印象です。

始まった差別化の流れ

現在私自身、様々なアクセラレータープログラムの担当者の方にお話を聞かせて頂く機会があります。
そうした中で最近強く感じるのが、アクセラプログラムの淘汰が始まりつつあるということです。
担当者の方が”独自性”をいかに出していくかということです。

その出し方は多岐に渡っており、ターゲットをより絞る、採択前に教育から行なって採択後の成功率を高める、プログラム内容を人材紹介等、ある分野に特化するなどです。
また、アクセラレータープログラムの大部分が始まったのが、ここ1,2年であることもあり、採択企業のその後の成功・失敗が少しずつ見えてくるようになってくる時期です。

そういった背景を考えて、これから半年~1年程度でアクセラレータープログラムの評価が出てくるのではないかと思います。

”大企業がスタートアップを選別する”時代から”スタートアップも大企業を選別する”時代に変わる時はそう遠くないのかもしれません。

現場からは以上です。