アメリカトップアクセラレーターのテックスターズの全貌

こんにちは、町田です。
本日は日ごろ日本のアクセラレーターについて、調べることが多いので、
海外に目を向けてみようと思います。

記念すべき1個目の海外アクセラレーターはTechstars(テックスターズ)です!

Techstarsとは

テックスターズは2006年に設立され、米国を拠点に世界規模で様々な大企業と提携しシードアクセラレータープログラムを展開してます。
毎年世界中の300社以上のスタートアップが、テックスターズが提供する大企業とのアクセラレータープグラムに参加しています。
最近ではHONDA、楽天やレコチョクといった日本企業もテックスターズと提携してアクセラレータープログラムを実施しています。
他にも、テックスターズはイベントの開催や情報発信など、幅広くスタートアップ支援を行っています。

Techstarsの実績

アメリカでYCombinator、500Startupsに継ぐ、3番目のスタートアップのアクセラレーター数を誇るトップアクセラレーターだけあってその実績もインパクトがあるものとなっています。

・提携スタートアップ企業数:1200社
・これまでの投資額:4600億円
・メンターの人数:10,000+人

海外の特徴かもしれませんが、採択後にM&Aされた企業も多く存在します。
具体的な数字としてはおよそ1,200社に投資して、140社がM&Aされました。
ご参考:M&Aされた企業一覧

Techstarsの取組み

①スタートアップの支援:テックスターズアクセラレータープログラムの提供
大企業等との3か月間の協力プログラムを通し、
顧客の獲得や採用の支援、企業と協業機会の創出を行います。
業界にとらわれない、様々なテーマのプログラムを現在39個提供しています。
テックスターズアクセラレータープログラムは”6%の株式と引き換え”が前提になっています。
そのうえで様々な支援を受けることが出来ます。
具体的には

1.$20,000のシード出資と100,000の転換社債の提供
2.150ヵ国、1万人以上が属するテックスターズネットワークへのアクセス
3.デモデー等外部向けPRの機会

といったものがあります。
また、各プログラムによって特徴があり、
日本の企業が応募する際も、米国での法人登記をせずに応募できるものもあります。

②起業しやすい環境の整備:テックスターズウィーク

起業家、地元の指導者等を招致して行う5日間のイベント。
ゲストによるトークイベントやコミュニティーの形成といった様々なイベントを5日間で実施されます。
参考:過去の開催都市

③起業しやすい環境の整備:テックスターズウィークエンド

日本でも最近開催が増えてきた、起業家精神を疑似的に学ぶ事の出来るイベント。
週末に2~3日間集中して参加者同士で「チーム作り、課題の発見、戦略策定、アウトプット」までの一連の過程を体験できました。
世界で平均13件毎週末に開催されており、これまで総数111ヵ国630都市で開催されました。

④スタートアップへの情報支援:テックスターズダイジェスト

35のトピックについてスタートアップ向けの情報を発信。
キュレーターと呼ばれる世界中の専門家が読者に向けてニュースレターとして情報を発信しています。

最後に

まだ日本にはこれほどグローバルレベルでアクセラレーターとして行っている組織は少ないです。
彼らの特徴は主に3つあります。
1つ目は、「アクセラレーター」としての機能と「他企業とのコラボレーションする」機能の2つを兼ね備えている点です。
こうすることで、大企業との協業をしつつも、大企業が手を出せない分野についても支援することが出来ています。
その結果として、アクセラレーターとして”安定”と”チャレンジ”という相反した2つ要素のバランスをうまくとっています。

2つ目は、スタートアップからエクイティを取ることで組織としての本気になる仕組みを作っている点です。
日本では、多くのプログラムでエクイティを取ることをしていません。しかし、テックスターズはエクイティを取って、資金を提供しています。
そのため、採択企業の成功が自社の利益にも直結してきます。
採択数を10社程度の少数に絞ることやメンター陣に元起業家を多く揃えるといった点にも本気度の高さが表れています。

3つ目は、アクセラレーターとして複数の起業家層に対して同時にアプローチしている点です。
彼らは
①「アクセラレータープログラム:
事業アイディアやビジネスモデルがある程度しっかりした層」

②「スタートアップウィークエンド:
プロダクトやアイディアははっきりしていないが起業に興味がある層」

③「スタートアップウィーク:
起業にそこまで興味がない層を含め幅広く」

というように、起業家だけでなく、将来起業し自分たちの顧客になりうる層まで幅広く活動を行っています。
こうすることで、将来の顧客獲得、起業家ネットワークの形成、対外アピール等、多くの利益を得ているのではないでしょうか。
有望な起業家を見つけて、シナジーを見つけることが重要なアクセラレーターにとってかなり合理的な戦略だと感じました。

現在募集中のプログラム

現在募集中のプログラムもありますので、ご検討下さい。
応募締切:4月8日(日)
対象領域:”3Dオブジェクトを構築する技術であるアディティブ製造”
期間:約4ヶ月(7/16-10/11)
場所:ハートフォード(コネチカット州) アメリカ
提携企業:Stanley

現場からは以上です。