「0→1ファン作り」: Quora編

こんにちは、いとけんです。
今回も早速「0→1ファン作り」の紹介をはじめていきます。

「0→1ファン作りとは?」
①スタートアップ初期に、0人→100人のファンを作った方法
②100人→●●人にスケールさせたグロースハック方法
それぞれ国内事例・海外事例を交えて書いていく連載記事です。
(参考:「0→1ファン作り」:スタートアップ初期における、ユーザー獲得戦略の特集を始めます。

前回は、「Warby Parker編」を公開させていただきました。
(参考:「0→1ファン作り」:Warby Parker編。

いつも読んでいただき、本当にありがとうございます。

今回は、海外事例vol.5ということで、「Quora」を取り上げていきます。
Quoraは2009年創業の企業で、実名制のQ&Aサイトを運営しています。
2017年4月に、シリーズDで8500万ドルを調達しました。
その企業評価額は18億ドルになり、いわゆる評価額10億ドル以上の企業を指す「ユニコーン企業」の仲間入りを果たしました。

Q&Aサイトというビジネスモデル自体は、新規性もないし競合企業も多く存在します。
しかし、彼らは各分野の専門家により書かれた高品質のコンテンツを抱えています。
専門家には、オバマ大統領からスタートアップのCEOまでおり、ユーザーからの質問に回答しているそうです。
また、今では月間ユーザーが1億9000万人を超えるようになりました。

日本でも、去年12月にエイチームがプログラマー向け情報共有サービス「Qiita」を14億円で買収しましたよね。
「Qiita」のように、これからも何かの専門に特化したQ&Aサイトは増えてくると考えています。
(参考:TechCrunch

今回は、そんな話題の「Quoraがどう文化に馴染みファンを獲得したのか」
調べてきました。

さっそくどうぞ!

▼もくじ

ビジネスモデル図解

良質なコンテンツを集めることが先か
ユーザーを集めることが先か

Quoraのビジネスモデルはプラットフォームと呼ばれるモデルです。
これは、作ったプラットフォームの中で、①顧客側のユーザー②サービス提供側のユーザーの間に入って仲介をするものです。
①と②両方のタイプのユーザーが揃って、初めてサービスが成り立ちます。
逆を言えば、どちらかが欠けてしまうと成立しないビジネスモデルです。

一般的に「鶏が先か卵が先か問題」と呼ばれる、どちらのユーザーを先に獲得するかという問題を抱えることが多いです。
(参考:「0→1ファン作り」:Airbnb編

Quoraの場合は、以下の悩みを抱えていました。
①ユーザーを集めることが先か
②良質なコンテンツを集めることが先か

コンテンツがないとユーザーは集まらないですが、
ユーザーがいないとコンテンツは集まらない。
まさに「鶏が先か卵が先か問題」を抱えていました。

そんなQuoraが具体的にどういう風にして、
ファンを獲得し魅了し続けているのか以下で詳しく見ていきます。

ユーザー獲得戦略

6ヶ月間もの間、
自社メンバーでコンテンツを書き続けた。

Quoraの創業メンバーに、Facebookの前CTOのアダムがいます。
アダム等が最初に目をつけたのは、コンテンツを作ることでした。
逆説的ではありますが、Q&Aサイトのユーザーを集めるために、コンテンツを自分達で自作をしました。
メンバーの経歴・経験から書くことが出来た、技術的な記事を中心にすることで、
自分たちが書かなくても、サイトが動くようになるまでコンテンツを作り続けました。

結果的に6ヶ月もの間、自分たちでコンテンツを出し続けました。
その結果として、Quoraの最初のユーザーを作ることが出来ました。

 

ユーザー体験向上戦略

SNSの種類に合わせて、
ユーザーへの表示画面を変えた。

Quoraチームが、目をつけたのがサイトへの流入とその経路の分析でした。
例を上げると
Twitterからアクセスをした、ユーザーにはTwitterのシェアボタンを表示させ、
Facebookからアクセスした、ユーザーにはFacebookのシェアボタンを表示させました。

ユーザーが流入した経路ごとに、合わせたユーザー体験を設計することでユーザーの数を増やしました。

また、Facepileなどのプラグインを利用することで、
閲覧中のページで、自分の友達が「いいね」や「Like」ボタンを押していると、
その友達のアイコンを表示させました。

これによって、サービスのログイン率を20%を上げることが出来たそうです。

ただユーザーを獲得するだけでなく、
サービスを使ってもらう、ユーザーに提供する体験を向上させていきました。
このようにして、Quoraは最初のファンを作っていきました。

最後に

「鶏が先か、卵が先か問題」は多くのスタートアップが抱えます。
Quoraの例のように、ユーザーが集まるまでコンテンツ自作するという方法も有効だと思いました。

今回も、記事を読んでいただきありがとうございました。

【以下の方募集しています】

「0→1ファン作り」のインタビューをさせていただける方
情報提供をしていただける方
ご意見をいただける方など
ぜひ、こちらのURLからご連絡ください。:メッセージを送る

 

Launcheers編集部です。

コメントを残す