「0→1ファン作り」:スタートアップ初期における、サービス仮説検証/ 初期ユーザー獲得の特集を始めます。

あけましておめでとうございます。
いとけんです。

「0→1ファン作りとは?」

タイトルにある通り、

スタートアップ初期における、
①ユーザー獲得戦略・施策
②ユーザー定着戦略・施策
それぞれを、国内外の企業事例で紹介する連載記事を始めます。
(記事一覧はこちら:「0→1ファン作り」:スタートアップ初期における、仮説検証/ 初期ユーザー獲得方法の特集を始めます。

 

 

スタートアップ業界で有名な言葉に「成長は全てを癒す」という言葉があるそうです。

会社内部の空気が悪くなること、経営陣がけんかをすること、社員が離職することなど。
会社において、起こる問題は事業が成長し売上がアップすれば解消される=癒されるというものです。

僕自身、「それはそうだよね」「でも、その方法がわからないだけど..」と思いました。
お金も知識もない中で、どうスタートアップがファンを獲得をして成長をしたのか。
知りたい…
知りたい。

調べてみました

もっと初期の「最初のファン0人→1000人をどうやって作ったか」が知りたい。

自分で調べてみました。
だけど、全然出てこないw
出てきたのは、以下のようなものでした。

「資金調達した後、その資金を使ったグロースハック」
「初期ユーザーはすぐ集まりました。(実は前に働いていた会社の、お付き合い先)」

それじゃない感…
もっと、創業初期の状態で、
①ユーザー0人から1000人までをどう獲得したのか?
②そのユーザーにどう使い続けてもらっているのか?が知りたい

連載:「0→1ファン作り」始めます。

0人→1000人の最初のファン作り
1000人→●●人にスケールのグロースハック

気になったので、自分で連載記事を書くことにしました。
大きく2つのコンテンツを考えています。
①スタートアップ初期に、0人→1000人のファンを作った方法
②1000人→●●人にスケールさせたグロースハック方法

最初は①に関して、特集をしていく予定です。

「スタートアップ初期における、
ユーザー獲得・定着戦略を国内外の企業事例で紹介する連載記事」を書いていきます。

具体的には、
「海外の有名ユニコーンはこうしてた(Airbnb、Tinder、Uber)」
「国内有名企業はこうしていた」「食べログはこうしてた」「メルカリはこうしてた」等の記事を考えています。

(過去の0→1記事一覧はこちら

以下の方、募集しています。

インタビューさせていただける方
情報提供をしていただける方
ご意見いただける方など
ぜひ、こちらのURLよりご連絡ください。:メッセージを送る

 

ABOUTこの記事をかいた人

Launcheers共同代表、01ファン作り責任者。 早稲田大学4年生、1年間休学をして海外留学を経験。 その際、シリコンバレーのデザイン会社で長期インターン。 ①シリコンバレーでの起業家精神に魅了されたこと、②父が脱サラして起業したことがきっかけで「起業家支援」に興味を持つ。 17年の11月に代表町田と意気投合して、「Launcheers」を創業